ヨガ奉りとは [About Yoga Matsuri]

English follows Japanese:

ヨガ発祥の地インドのモディ首相の提案により、2015年より6月21日を「国際ヨガの日」とすることが国連により制定されました。

「国際ヨガの日」にちなんで、ワナカムヨガスクールでは、2016年6月21日東京浅草橋において「ヨガ奉(まつ)り」を初開催、700名超の参加をいただきました。

翌2017年6月21日の第二回「ヨガ奉り」ではのべ3000名を超える方々にヨガの効能をお届けしました。参加者のみならず、全国から毎回150名を超えるワナカムヨガスクール生がボランティアとして集結し、「感謝する」、「与える」、「受け入れる」「行動する」というヨガの精神を実行しました。

参加者の皆様からは「楽しかった」「ヨガがどういうものか感じられた、ヨガを続けたい」「また来年もやってほしい」「体が軽くなった」等々、たくさんの嬉しい感想をいただきました。

ワナカム生もまた、「与える」ことのすばらしさと同時に、「与える」ことでより多くのものを「与えられる」ということを体験として感じる時間となりました。

ワナカムヨガスクールの創設者マスター・スダカーは2010年の初来日以来、一貫して「ヨガをヨガとして伝える」ことの重要性を説き、実践してきました。

インドにおいて師から弟子へ綿々と受け継がれてきたヨガの叡智は、一時的な流行や関心を集めるだけのものではありません。宗教、人種、国籍を超えた、人間の哲学であり、日常の生活に生かすことで世界を平和と調和に導きうるとマスター・スダカーは主張します。

これからもワナカムヨガスクールは、ヨガの効能を多くの方にお届けすべく「ヨガ奉り」を各地で開催してまいります。

「ヨガ奉り」は単なるイベントではありません。巷のヨガフェスとは一線を画す、似て非なるものです。「ヨガをする」は単に運動することではありません。自身の肉体、内面、知性と向き合い、すべての角度から見つめ直し次のステップへと人間性を高めてくれるものです。

そんなヨガだから「祭り」ではなく「奉り」なのです。

古の聖人、賢者たちが取り組み、継承してくれたヨガという叡智への感謝をこめて「ヨガ奉り」なのです。

June 21st. is “International Day of Yoga (Yoga Day)”

  India is the place where its origin of yoga and the current Indian Prime Minister, Mr. Narendra Modi suggested the date of June 21st as a yoga day. This Yoga Day was declared by the United Nations in 2015. Since then, some big yoga events have been held internationally.

  We, students of Vanakkam Yoga School with Master Sudhakar, had a first “621 Yoga matsuri” in June 21st 2016 at Nihonbashikabutocho. Totally around 3000 people participated in our second event at Asakusabashi in 2017.

  Yoga, which has about 5000 years history in India, is the accumulated wisdom of the ages to keep body and mind healthy and live with smile calmly. Master Sudhakar is one of a few Yogacharya (meaning “Master of Yoga”) who is able to teach us the unchanged nature of Yoga appears on the stage.

  Master Sudhakar gives a chance not only to practice yoga asanas physically but to communicate with inner yourself. What you get from 90 min yoga practice on your mat would positively affects all the aspect of your daily life. You can feel the difference.

  By offering this opportunity with no charge in order to experience the origin of yoga that is difficult to encounter even in highly information society Japan, we sincerely hope the more people could make full use of yoga to daily life and spend richly comfortable life. This would lead us to more peaceful and beautifully harmonized society.

“Matsuri” literally means a festival but this is dedication.

This is time to dedicate the effectiveness of yoga, which has come down from ancient India as sacred wisdom, to as many people as possible in this modern Japan.

〜A Gift From Yoga〜

You could experience the effectiveness of yoga you haven’t realized yet for free at “VYS621 Yoga matsuri”. We are really looking forward to meeting you there!


【Support】Indian Embassy, Tokyo Metropolitan government,  Shibuya City Board of Education Shibuya

【Organizer】NPO corporation VYS YOGI

【Inquiry】621yogamatsuri@vysyogi.com  

※ Please refrain from any inquiry to Shibuyaku sports center.